端と端に窓がある間取り

換気のしやすい間取りにするためには、風の流れを意識することが大切です。風は基本的に一方通行なので、入り口となる窓と、出口となる窓を用意してあげなければなりません。そして、風は真っすぐ進むため、入り口と出口は直線上にあった方が良いです。入って来た風が、カーブしてから出ていかなければならなくなると、換気の効率は悪くなってしまうでしょう。そのため、住宅の端と端で、窓が向かい合うような形になる間取りにすると良いでしょう。そして、隅々までしっかりと換気したいのであれば、角の部屋にも風の通り道となる窓を用意する必要があります。その際にも、風がスムーズに通れるように、入り口と出口となる複数の窓を設置することが大切です。

風が真っすぐ通れる間取り

住宅の端と端に、それぞれ入り口と出口になる窓を設置すると、風がスムーズに通って換気をしやすくなります。しかし、内側に妨げとなるものがあれば、風が通りにくくなってしまいます。特に間仕切り壁は、風の妨げになりやすいです。間仕切り壁は動かないのが基本なので、換気の邪魔になるからといって、移動させることができません。そのため、住宅の間取りを考える段階で、邪魔にならないかどうかを考える必要があります。また、扉も、換気の邪魔になりかねません。したがって、扉を開け放った状態で、風が本当に真っすぐ通れるのかをシミュレーションしながら、間取りを決めましょう。もし、妨げになるものが多ければ、それを避けられるよう、窓の配置から考え直した方が良いでしょう。