省スペースでもつくれる土間収納

予め収納スペースを備え付けることができるのは、注文住宅の大きな魅力ですよね。家の顔とも言える玄関は、家に招いた来客のみならず、宅配業者なども立ち寄ることがある場所です。生活感のある物が人目につかないように、収納スペースを確保しておくとよいでしょう。物を収納スペースに入れておけば、たとえ狭い空間でも広く解放感のある雰囲気に仕上がります。土間収納とも呼ばれる玄関の収納をつくるには、一畳か二畳程度の広さがあれば十分です。靴や傘といったお出掛けに欠かせない物のみならず、スポーツやアウトドア用品などを収納するのにも便利な土間収納を賢く取り入れるようにしましょう。玄関の収納スペースひとつで、快適度が大幅にアップしますよ。

どんな設計にするといいの?

どのような土間収納の利便性が高いかについては、その家に住まう人のライフスタイルによって異なります。家族の人数や趣味に応じて、どのようなアイテムをどれぐらいの数収納したいかをリストアップした上で、土間収納のあり方を考えると使い勝手がよくなります。靴を収納するスペースに関しては、長さのあるブーツも収納しやすいように、棚の高さに配慮することが大切です。 土間収納を設計する際は、扉を引き戸にするか、開き戸にするかについても決める必要があります。引き戸は省スペースでも設置しやすいところが魅力です。開き戸は、開閉がしやすく、頻繁に物を出し入れする人におすすめです。換気のしやすさを考えた場合、扉なしで設計するという選択肢もあります。