窓の配置と形にこだわろう!

まず、通風を良くするためには、「風が入ってくる窓」と「風が出ていく窓」と2つの窓があると理想的です。2つの窓はそれぞれ対角線上に配置します。真正面ではなく対角線上という離れた場所に配置することで、空気の循環を大きくすることができます。しかし、中には住宅密集地で暮らしていて、周りに建物がたくさんあるのでそもそも自分の家に風をまっすぐ通すことが難しい人もいるのではないでしょうか。その場合は、「片開き窓」を採用すると良いでしょう。片開き窓は、家と家の間を通り抜ける風もキャッチして、部屋に取り込んでくれます。このように、住宅周りの環境に応じて窓の形や位置を変えると、より通風の良い空間を作ることができます。 また、キッチンやお風呂・トイレなどの場所にも、小窓をつけて換気できるようにすると清潔に保つことができます。

南北通風と上昇気流を利用した窓の配置

一般的に、風通しが必要だと言われている春、夏、秋には、南から北にかけて風が吹きます。そのため、この風の性質を利用して南と北に2面ずつ、窓を配置すると良いでしょう。南の窓から風を取り込み、部屋中を循環しながら北の窓へ抜けていくという流れを作ることができます。 また、天井近くに窓を設けると風通しが良くなると同時に、熱気を逃す効果もあります。2階は暖かいのに、1階は寒い!と感じたことのある人もいるのではないでしょうか。これは空気の性質で、空気が冷たければ冷たいほど重く下方向に、暖かい空気は上方向に流れます。そのため、天井近くに窓を配置すると、熱を持った空気が上方向に流れ出ていきますから通風の良い状態を保つことができるのです。